給湯器の選び方を知っておこう!【役立ち情報を大公開】

本体と工事費の内訳

男の人

割引率を確認

給湯器の故障によってお湯が出なくなった場合、既に利用開始から10年以上経っているのであれば、迷わず新しい給湯器に交換して下さい。まだ使えなくなっていなくても以前より音が大きくなったなどの症状がでてきたときも給湯器の交換をお勧めします。給湯器の本体価格はメーカーや機能やサイズによって大きく異なりますが、最近の一軒家で多い風呂給湯器で3人家族の20号位の大きさになると30万円位が定価になります。ガス会社やメーカーでは定価から少し値引き程度の価格で販売されていますが、ガス施工会社では有名メーカーの人気機種に交換した場合でも定価の半額以下で販売されることもあります。給湯器を交換する時には、本体価格の他に工事費用が加わります。上記の風呂給湯器の場合で、お風呂の位置が変更内場合、工事費はおおよそ3万円から5万円の間になることが多いようです。ガス会社や給湯器メーカーでは下請け業者に工事を依頼することが多いので、ガス施工会社と比べるとやや高価になる傾向があります。お風呂の穴が2つのものを1つに替えたり、給湯器の設置を下置きから壁掛けに替えるような場合には追加費用が発生します。施工業者から見積もりを取る時には、総額を見ることが大事ですが、本体価格と工事費の内訳を確認するようにしてください。本体の型番を調べて、割引率をみておくことも大切です。業者によっては他に廃棄代金や出張費が請求されることがあるので、他に費用がかからないかを最後年を押すようにしてください。

Copyright© 2017 給湯器の選び方を知っておこう!【役立ち情報を大公開】 All Rights Reserved.